【Electric Roast Fowl】
ベーシスト 『YAKITORI THOR』 の冥府魔道日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルバム 紹介 総評

AILUROPODAONEjkt5blog.jpg先ずはジャケットデザインの経緯など・・・
こちらは十数年前に訪れたイギリスはウェールズにあるカーディフ城の窓からの写真をモチーフに作りました。アナログのカメラに何故か間違えてモノクロのフィルムを使用して撮影した物ですが、そのお陰で雰囲気のある写真になり気に入っておりましたので、それを画像編集ソフトで絵画風に加工して作ってあります。
ちなみにジャケット背表紙もその時に撮ったウェールズの国旗をモチーフにしてあります。ウェールズではこの国旗は赤い竜と呼ばれており実際には真紅のドラゴンの紋章が描かれておりますがこのジャケットでは分からないです(笑)ウェールズの国旗はスコットランドと並び世界最古の国旗だという説がある様ですが、その真相は分かっていない様です。

1ページ目の写真はロンドンの南にある街ブライトンの海岸から突き出た桟橋に設置された遊園地です。何やら非現実的なイメージがあり不思議な光景だった記憶があります。赤い竜の国旗を含め非現実というアルバムのコンセプトに合っていると思っております。リーフレット内で唯一の赤い東洋的な竜の写真は多田君とジャケット印刷用に素材をPCで編集している際に誤動作で偶然赤くなった物で、面白い偶然なので掲載する事にしました。


自分の音楽制作の手法を自己分析してみると、例えるならばコテコテの油絵だと思います。絵画の表現方法にもたくさんの手法がありますよね。墨絵や版画から水彩やクレヨン、果てはCGまで、様々な表現方法の絵画が存在しております。そんな中で僕の音楽の描き方はまさしく油絵に近いんじゃないか?と思っております。上からどんどんと色を足して厚く塗り重ねていく感じです。その為、元になった絵が分からなくなるほどの場合も有ります。
その部分をもっと磨いて自分にしか出せない自分だけの色をこれからもずっと追求していきたいと思います。それを受け入れて頂ける人は・・随時募集しております(爆)

世の中にはたくさんの表現が有ってそれを個々に1つ1つ楽しめる事、それはまさに人生の宝物だと思います。スタイリッシュなCGから気味の悪い抽象画まで、その時その時の感性に合ったものを生活の傍らに置く事は、今を生きる為の潤いになるんじゃないか?と思います。

そんな中の1つに僕の作品がなってくれたら、そんな嬉しくて光栄な事は有りません!

テーマ:その他 - ジャンル:その他

コメント

ジャケットを含め、まさに焼き鳥カラーのアルバムが出来ましたねぇ。
なるほど油絵!!
モナリザのように深みがあって、角度によっていろんな表情を持つ…確かにそんな味わい深い作品です。
なかなか筆を置かないあたりも作品に対する愛着が感じられます~♪(笑)
聴くたびに面白さが増すクセになるアルバムとでも言いましょうか。。。
我が家でひときわ怪しく輝いております。(爆)
【2012/08/28 06:58】 URL | machiko #-[ 編集]
有難うございます〜☆
切り取れる瞬間の感情は全て音で残したくなる悪癖?が有るみたいです(爆)
記憶力の欠乏の兆しがあるので余計そうなるのかも・・・(笑)
でも、作って良かったと心から思える作品になったと自負しております♪

そう言ってもらえる事が今一番光栄で嬉しい事です〜♪(^^)
【2012/08/28 07:12】 URL | YakitoriThor #-[ 編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

YakitoriThor

Author:YakitoriThor
肩書き:
Bassist, Composer, Arranger

日々、革新や独自性を求めて音の世界を彷徨っております。
その制作スタイルのベクトルは非常に内向きだと自負しております。
『自分にとって面白い物=人に伝えるべき物』を旗印に活動しております。

どうぞお見知り置きの程を宜しくお願い申し上げます。

HP: Yakitori Thor's Web

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。