【Electric Roast Fowl】
ベーシスト 『YAKITORI THOR』 の冥府魔道日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルバム 曲紹介 その11

今回リリースしたアルバム AILUROPODA ONE 【PHOTOVOLTAICS】に収録した曲を1曲ずつご紹介させて頂きたいと思います。

:その11
木製のトーチカ(A Wooden Pillbox)

僕には珍しく歌詞が先行して制作した曲です。大元の歌詞は、NHKオンエアバトルで名を馳せたヤドカリというAcoustic Unitのサポートライブの為に行った代々木で、本番までの待ち時間に駅の近くの小さな喫茶店で走り書きしたものです。今年の初めにその歌詞を読んでいてインスピレーションが沸き、DEMO音源を1日で作りました。ただ、かなり雰囲気のある曲に仕上がったので自分の声じゃない違う表現が欲しくなり、少し考えてヤドカリを脱退した中尾泰平くんに連絡を取りました。僕の中ではこの曲を歌って欲しい声は彼の声しか考えられなかったのです。泰平くんは快くO.Kしてくれて、その約1週間後くらいのボーカル録りになりました。この曲もややリズムの符割が難しくて歌うのが大変な曲ですが6時間ほどで録り終わり、その後、久々の再会を6時間遅れで祝いに近所のワインバーに行って飲んで語り合ったのを覚えています。
編集にあたり、やはり僕の頭の中のイメージは泰平くんの歌で間違い無かったと確信しました。初めて曲を聴いてもらって、歌い出してたった6時間で録った歌ですが、もう何年も歌ってきた様な雰囲気が有ります。イメージとピッタリで個人的にはミラクルとしか言い様がない感じです。

まさにこのアルバムのエンディングに相応しい曲だと僕は思っております。
僕の妄想では、前曲EPILOGOSで映画の物語が終わりスクリーンにエンドロールが流れる中でこの曲が始まります。背景の映像には鳥達が鳴く晴れ渡った朝の空に薄く広がっていく雨雲。太陽は隠れ、そして遂に降り出した雨で街中の木製のトーチカの屋根が濃い色に染まっていく。
残念ながらこの物語はHappy Endでは無い様です・・・(爆)

テーマ:今日の1曲 - ジャンル:音楽

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

YakitoriThor

Author:YakitoriThor
肩書き:
Bassist, Composer, Arranger

日々、革新や独自性を求めて音の世界を彷徨っております。
その制作スタイルのベクトルは非常に内向きだと自負しております。
『自分にとって面白い物=人に伝えるべき物』を旗印に活動しております。

どうぞお見知り置きの程を宜しくお願い申し上げます。

HP: Yakitori Thor's Web

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。