【Electric Roast Fowl】
ベーシスト 『YAKITORI THOR』 の冥府魔道日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SSTS EXIT

少々遅れましたが・・・
SSTSのyoutube映像がまた1つUPされました。

SSTS【EXIT】


是非聴いてみて下さい。
ちなみにSSTSではVocalistを募集中です♪
詳しくはyoutubeの記載にて。
宜しくお願い致します。
スポンサーサイト

テーマ:YouTube Music Video - ジャンル:音楽

迎春

少々遅延めなご挨拶では有りますが
明けましておめでとうございます☆
本年も宜しくお願い申し上げます♪

昨年は悲しい出来事が沢山有り、
その尾を引きずったままの新年の始まりとなりました。
長い年月を懸けて育んだ現在も、
容易く闇の中に消える物だと気付けた教訓の年でした。
しかし人は前進するものであり、
その思いが新たな未来を切り開いて行く物と思います。
だからこれからの自分達の行動、
それだけが平穏を繋げて行く鍵なんだと強く思います。

ちょっと文字数を合わせて書いてみました(笑)

ともあれ、年の初めの3日に初詣に行って参りました。
江ノ島富士山120103参拝場所は知り合いのクリエイター仲間や音楽学校の先生方と毎年恒例になっている江ノ島は江島神社の弁財天。今年のお正月、神奈川はほぼ快晴に恵まれ3日もとても良く晴れていて気持ちの良い初詣になりました。
江ノ島大橋に差し掛かると海の向こう側に綺麗な富士山が見えたので撮ってみました。写真には写ってないですが丁度頭上には薄く鰯雲が出ていて本当に気持ちの良い冬の晴天でした。割と暖かかったしね♪

江ノ島120103そしてその勢いで江ノ島大橋の中程からもう1枚、綺麗な江ノ島のシルエットを写してみました。こう見てみると江ノ島って何だか独特の雰囲気を持っている様な気がします。古来、特に鎌倉時代からこの島が信仰されている由縁はやはり
この島のそんな造形の美しさからもきているのかもしれません。人工的に建てられた建造物も何だか島の一部分に見えてきませんか?人の営みと自然が何故か調和している感じがします。とても有難い感じです(笑)

江島神社参道120103江ノ島大橋を渡り切ると昔懐かしさが溢れている参道の参門の鳥居が出てきます。この先がまさにディープな江ノ島ワールドです。でもこの先は参拝に集中する為写真は撮ってません。僕は毎年こちらに初詣には訪れているのですがお土産屋さんとか茶店等には全く入った事が無いのでそのうちそれをメインで行ってみたい所です。名物はやはりシラス丼でしょうか♪其処此処の店から烏賊や貝を焼く香りもしております♪(笑)
江島神社には三姉妹の弁天様が祀られており最初にいらっしゃるのが辺津宮様、次にいらっしゃるのが中津宮様、最後に龍神様と隣り合わせで奥津宮様がいらっしゃいます。あまり知られてない様な事を聞きましたがこの江島神社は日本三大弁財天の1つという説も有るらしいです。僕は他には厳島神社くらいしか思い浮かびませんが・・・すいません・・・(爆)

ここ江島神社の伝説は龍神様と弁天様の恋物語なんですよね♪昔々、悪さばかりする龍が鎌倉辺りに住んでいて村人を苦しめていたそうな。そいつはキングギドラよりも凄い5本の首を持った龍だったらしい。怖いですねー!そんな時、突然三姉妹の弁天様が現われて江ノ島を作ったんだそうです。弁天様を一目見た龍は恋に落ちてしまい真剣に交際を申し込んだらしいのですがまんまと振られ泣き崩れて涙に暮れる毎日。そんなある日弁天様が龍のもとに来て「沢山良い行いをするんだったら付き合ってあげてもいいよ」と言われ、喜んだ龍は毎日世の為人の為に働いたそうです。そして悪い龍は人々から龍神様と呼ばれる神様に浄化されました。しかし悲しいかな働き過ぎて疲れ果て江ノ島の対岸で山になってしまい、そこから弁天様をずっと慕って見つめているんだそうな。

その話は置いておくとして、弁財天は芸術・学問の神様だし辰年生まれの僕としては新年に詣でるとしたら間違い無くこちらの江島神社しかないと今では思ってます♪その他には不動明王を祀っている江ノ島大師に参拝したり、弘法大師や日蓮上人が修行し源頼朝が戦勝祈願した場所として伝えられている江ノ島岩屋を訪れたりしつつ、帰りは島の裏手から遊覧船で江ノ島大橋まで帰ってくるのが毎回のコースです。船長120103その辺りまで来ると写真を撮る余裕が出てくるので乗船して1枚♪今回は北田さんtatshさんと共に乗船客の列の先の方に位置していたので船の奥のデッキ席に座れて楽しくHAPPYな10分ほどの船旅でした。如何です?
船長(?)の舵を取る手に妙に歴史を感じてリスペクトの1枚です。ただし旋回する時にはこの舵の棒が僕の座っている席のギリギリまで回されるので船から落とされるかとおもいましたが・・・(笑)
波しぶき120103最後に、この波飛沫の写真は個人的にかなり気に入った写真なので載せておきたいと思います☆江ノ島の岩場を後にして海上を進むとその先には江ノ島大橋が見えてきます。何か良い感じです(^^)ほぼ毎年思ってはいるのですが新年が始まる何とも言えないこの清々しさは不思議です。この自然が人間に与える感動こそがきっと神様その物なのかもしれませんね。今年は必ず良い1年になりますよ!いや、そうしなければいけないのです。


テーマ:日記 - ジャンル:音楽

プロフィール

YakitoriThor

Author:YakitoriThor
肩書き:
Bassist, Composer, Arranger

日々、革新や独自性を求めて音の世界を彷徨っております。
その制作スタイルのベクトルは非常に内向きだと自負しております。
『自分にとって面白い物=人に伝えるべき物』を旗印に活動しております。

どうぞお見知り置きの程を宜しくお願い申し上げます。

HP: Yakitori Thor's Web

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。