【Electric Roast Fowl】
ベーシスト 『YAKITORI THOR』 の冥府魔道日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元素記号

以前、某ゲーム音楽コンペ用に制作した曲『元素記号』。
イタズラ描きの画像と共にyoutubeにUPしてみました。


『元素記号』

これは楽曲と言えるんでしょうか?(爆)

でもちょっと面白くて個人的には気に入ってます♪

先日放送したUSTREAMで流す為に映像化したんですが・・・
これは色んな意味で・・・ヒドい(笑)

でも個人的には気に入ってます。
スポンサーサイト

テーマ:YouTube Music Video - ジャンル:音楽

時間的側面から見た文化

聞いた話だけど、人類の文化的枠組みを時間意識というフィルターで解析してみると大きく2つのジャンル分けが出来るらしい。それがポリクロニック文化とモノクロニック文化というモノ。
その違いはというと、ポリクロニック文化的考え方をしている人達は人種で言うとラテン系やアフリカ系、又は東南アジア等の地域に住んでいる人達。
この文化圏では時間を単一的に感じる事は少なく同時にいくつもの時間軸が1人1人に存在しているらしい。例えば待ち合わせの約束の時間や就業時間はあまり守られず、スケジュールや予定、日程の都合などもその時の自分の置かれた状況や気持ちで随時変更されていくらしい。なので約束とかスケジュール管理などといったものはほぼ意味を成さず、当然遅刻という概念も持っていない。全ての国民がそうならば約束の時間に何時間遅れようとさして気にしなくても問題無いらしい。例えば、移動に1時間掛かる場所で誰かと10時に待ち合わせをしたが到着したのが15時なんて事も普通に有る。その理由としては、移動中に出会った人5人と1時間づつ立ち話を繰り返したから、といったもの。その時の自分にとって大切なのは約束の時間では無く折角出会った5人とのコミュニケーションだ、という考え方。現代日本に住んでいてそう聞くと間違い無く自由奔放過ぎる考え方に思えるが或る意味豊かな文化とも思える。その人にとっては待ち合わせという時間軸の他に出会った人達とのコミュニケーションという時間軸が同時進行で発生するのだ。
もう1つ、モノクロニック文化的な考え方の人は現代日本やアメリカを筆頭に先進国と言われる国に多い。個人に対して時間軸は1つしかなく個人は非常に合理的且つ規則正しく動かねばならない。Time is money的な考え方。そこに例外は存在しない。極端に言うと例外=社会からの抹殺を意味する。ただし、市場の交渉やビジネスはこの考え方のお陰で成り立っていると言っても過言じゃないのも事実だと思う。
大きく文化圏という括りで分けて話を進めているが、日本国内においてもポリクロニック的な人、モノクロニック的な人、という形は有ると思う。大概して芸術家やフリーランスの自営業者はポリクロニックな人が多く居る気がするし、サラリーマンや役所勤めの人はモノクロニックな人じゃないとやっていけない。
きっと大切なのはお互いを解り合おうとする心だと思うのですが如何でしょう?しかし、時間の観念は時として人間関係に大きな摩擦や歪みを生み争いを生む結果に成り兼ねないです。僕なんかは基本ポリクロニック的ですけどモノクロニックな生活にも慣れさせられて生きてきてますので双方の思いは理解しやすいかもしれないです。
ともあれ、折角この世界に生まれてきたんだから大らかに生きたい物です。

テーマ:音楽的ひとりごと - ジャンル:音楽

摩擦係数

SSTSのDaemon DriveさんのRECしてない残りの曲にベースを入れようと思い、ベースパートのアレンジを始めてみたらなかなかカッコ良いフレーズが降ってきた♪ただ、少々難易度が高く練習が必要なフレーズ。何処が難しいかと言うと、

【その1】フレーズをグルーブさせる為に16分音符1つ1つの強弱やダイナミクスを決定し安定させる必要が有る。
【その2】その音符の動きが結構細かくてオケにはめ込むタイミングが微妙なのでタイム感も安定させる必要が有る。
【その3】大きなスライドを多用するフレーズなので上行下行時のピッチも安定させる必要が有る。

と、大まかにはこんな感じの複合的な流れだと思います。
こういった、演奏する上でのフレーズの細かな検証や研究は今後の自分にも役に立っていくものなので数年前から率先して見直し修練しております。
ただ、僕は自虐的な性格が少々強いので毎回アレンジするフレーズの難易度を自分で上げていってしまう傾向もあり、正直それは自己満足の世界かもしれませんけど(笑)、聴いてくれる人に少しでもカッコ良いと思える物を提供したいと考えてなるべく妥協しないでいるのも確かではあります。
今回もそんな状況で、たった数十秒のフレーズの練習に1時間ほどかけてからRECに臨みました。それがイントロ部分だった訳なのですが、Aメロ部分の録音に差し掛かった辺りでちょっと違和感が有りました。
201111231540000.jpg何だか中指の辺りにちょっとした痛みがある気がしたのですが、気にせずにBメロまで進んだ辺りで指を見たら・・・あらら(爆)・・・指の普段演奏で使わない柔な部分に何かゴミが付いている・・・
いくら『焼き鳥』と名乗っているとはいえ、演奏中に焼き鳥を食べた記憶は無いのですが・・・焼き鳥の指の皮・・・まさしく『とりかわ』(笑)という訳で、現在ショートブレイクしてBLOGの更新をしている訳です♪

お後が宜しいようで・・・(爆)

テーマ:音楽的ひとりごと - ジャンル:音楽

昨夜のセッション

昨夜のセッションは公開レコーディング風のライブでした。
1人1人パート毎別々にバラで録音する所をお見せして、最後に録った曲のラフミックスを聴いてもらう感じ。結構実験的な試みでは有りましたが、ご覧頂いた皆様有難うございました。USTREAMにはかなり良い企画だと思うのですが回線の問題で出来そうにないのが残念です。でもまぁ、編集してyoutubeにはUPされる可能性は大です。今回来てくれていたHigh Pitch常連組のHさんが僕の写真を撮ってくれたので載せます♪有難う~☆
High Pitch1何故か目がちょっと怖いです。目力強過ぎ・・・(笑)次に弾くアドリブフレーズを考えていて余裕が無いからと思われます。そして久々のアルコール摂取の為やや赤い顔状態です。割とアンパンマンです。そして何より笑い顔が丸顔です。笑わなくても丸いですが笑うと特に丸いです。人として丸過ぎるのも困りものです。その辺りを鋭角なシェイプの楽器がフォローしてくれていると思います。Good Job(笑)
そしてもう1枚の写真は後ろ姿の背中辺りがとても熊っぽいです。
High Pitch2いつもの事です。なので少々セピアっぽい色に加工してみました。そう!どこのご家庭にも何故か必ず有るという昔懐かしい木彫りの熊風の有り難いイメージです。頭から背中にかけてのフォルムが北の大地を彷彿とさせてくれます。これだけ木彫りの熊の造形をトレース出来ている人間もなかなか居ない事でしょう。ハッキリ申しまして我ながら素晴らしいデザインだと思います。まさに自画自讃に値するフォルムです。
木彫りの熊その精巧とも思える僕の熊的なフォルムの類似性を皆様に比較研究して頂ける様にする為、何故か我が家にも有る木彫りの熊の画像も載せておこうと思います。さぁ、どうです?僕の頭には耳が付いていなくて残念ですが、いつの日にかこうやって鮭をくわえて渓流の川岸を歩いてみたいと思う今日この頃です。(笑)
そんな訳で昨夜のセッションは楽しく演奏して参りましたが、やればやるほど毎回プレイの部分では凹む事ばかりです(爆)日々精進・・・死ぬまで精進・・・ですね~・・・。

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

新PC使い心地 追記

この所新しいPCでLogicを使っていて気になった事を1つ2つ。

まず、
何の影響なのか?は分からないのですがサンプラーEXS24のDrum系のプリセット音源が1つ見当たりません。
jazz setという名前のプリセットなのですが新しいPC内のLogicから消えて無くなっております。インストール時の何かの問題だったのかも知れませんが、もう一回インストールし直す気になれないので諦めます。そのうちBFD2辺りのプラグインを新たに導入する方が色々な意味で価値が有りそうです。

それと外付けHDDのthunder boltの使い心地は正直その速さを体感出来るってほどじゃ無いかもしれません。
きっとfire wire800と大きな差は無いものと思われます。ちなみに24bit 48khzで5分前後のステレオデータ6trにcompを挿したファイルの立ち上げは、調子が良い時で10秒以内、通常は30秒弱くらい、悪い時は「ファイルが見つかりません」と出ます。再起動して認識し直さなければならない場合も有ります。価格が下がらない限り次回は安価なfire wire800の外付けHDDにしようと思ってます。

と、現在はそんな所です。

テーマ:DTM - ジャンル:音楽

Coaxial Digital入力・・・

今日初めてやったんですが、DATからaudio I/O経由でcoaxialケーブルで音源をPCに入力しようとしたら上手くいきませんでした。 何でだろう・・・? どこかの設定が悪いのか? DATとインターフェイスのI/Oの規格か相性が悪いのか?サッパリわかりません・・・(爆)きっと単純なミスか機器の故障なんだと思うのですが、ちょっと調べてみないといけないなぁ・・・と思うw ともあれ、デジタル接続は諦めてライン入力で作業しました。

何の音源かと申しますと、僕が90年代に活動していたCohuleen Druithってバンドのレコーディング音源です。RECしたSTUDIOは確か記憶によると目黒の権之助坂の途中にあった(今でもある?)MUD STUDIOだった気がします。mix後のmaster tapeからカセットテープにダビングしてライブに来てくれた人達に無料配布していた・・・か販売していたかは忘れました(笑)
当時はdigital recordingなんてごく一部の最先端なお高いスタジオでしか行われてなくて当然ながら16trのオープンリールで録音するのが主流。当然演奏もリズムtrは一発録り。RECした後のmasterは大体スタジオからDATで渡されていて、メンバーでDATのデッキを持っているのが僕だけだったので僕が完全マニュファクチャーでwwせっせと生産していた。何百本ダビングしたか?覚えてない。その為そのDATデッキがご臨終したほど・・・(笑)
そんな経緯も有りバンドが解散してしまった後ずっと忘れ去られて現在に至ったマスターテープが我が家に有るのですが先日ようやくと思い出した次第ですw が、マスターテープ詰まりは原盤が我が家にあるって事は著作権者に伝えておく必要が有ると思いまして。
検索してみたら丁度彼が数日後に偶然近所でライブをする事が分かり横浜のライブバーHey Joeに行きました。それが小野瀬雅夫SHOWだった訳なんですが、10数年ぶりの再会で連絡先も忘れてしまっていたのでとりあえずブラブラと顔を出した感じです。本人も少し気になっていた様で「じゃ、近々PCに送るね」って事になりまして。そんな経緯で今日時間を見つけてDATの音源をdetaに変換していたんですよね。デジタル→デジタルで変換出来なかったのは悔しいですが、まぁ我が家のシステムでやっても体感上ラインとデジタルの違いなんて分からない程度なので善しとしておきましょう。

そして先ほど無事作業を終えてdetaを送りました。その後この音源がどうなるのか?は分かりませんがちょっとホッとしております♪TDされた2mixの素材をLogicのアレンジウィンドウに6曲分列べて各素材のピークレベルを調べてレベル等の編集しましたが、こんな些細な作業も良い経験になります。何でもやってみるとそれなりに見返りが在る物なんだと思います。今度はマスタリングまでしてみようかな♪なんて思ってます。

それと、細かい事を付け加えておくと、24bit 48khz AIFFのaudio detaが6曲分となると500MBを軽く超しておりまして非常に重たいファイルになっておりますwwwデータ便で送ろうかと思ったら1回に300MBまでの制約が有るので2回に分けないといけなくなりややこしいのでfirestorageで送る事に致しました。今後もこんな大量なdetaを扱う機会が増えていくと思いますので新しいPCを買って良かったと心から思います。(笑)

テーマ:DTM - ジャンル:音楽

理解不能

フリーの画像編集ソフトGIMPをちょろっと触ってみたんだけど、まったく意味が分かりません(爆)画像系の知識が無さ過ぎて説明を見ても意味不明で思った様に編集出来なくて笑ってしまいました。前にWebSite用のロゴとか写真を編集してみたんですが、それくらいが今の僕に出来る最大限なのです・・・何方か詳しい方!是非教えて下さい♪(笑)

yakitori_img111101b.jpgそしてPCで絵を描く事に煮詰まってしまったので手書きの悪戯描きを鉛筆で描いてみた。疲れていたので何にも考えずに・・・よく電話をしながら意味も無く手帳とかに訳が分からない絵を描いている時ってありませんでした?そんな感じでコーヒーを飲みながら(爆)ヘタクソな絵ですがこれを使ってもう一度PC上で編集してみようと思ってスキャナーで取り込んでやってみましたがフィルターくらいしかイジレマセンでした(^^;
上手に絵が描ける人ってホント羨ましいです!こんな子供の落書き様な絵に2~3時間も費やして・・・俺、一体何やってるんでしょうかね~・・・?www自虐的好きな僕としてはこの絵は是非皆さんに見て笑ってもらおうと思います。

でもヘタの横好きでちょっと絵の勉強もしてみようかな(笑)まぁ、ともあれまたコーヒーでも入れてきて音楽の作業に戻ろうと思います。

テーマ:雑記 - ジャンル:その他

プロフィール

YakitoriThor

Author:YakitoriThor
肩書き:
Bassist, Composer, Arranger

日々、革新や独自性を求めて音の世界を彷徨っております。
その制作スタイルのベクトルは非常に内向きだと自負しております。
『自分にとって面白い物=人に伝えるべき物』を旗印に活動しております。

どうぞお見知り置きの程を宜しくお願い申し上げます。

HP: Yakitori Thor's Web

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。