【Electric Roast Fowl】
ベーシスト 『YAKITORI THOR』 の冥府魔道日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SSTSセッション収録第2弾

こっちの方が雰囲気かもしれませんw
曲名は『No.7』

スポンサーサイト

テーマ:YouTube動画 - ジャンル:音楽

近々のライブ&先日の収録

先ほど雨が降り出した我が家上空には分厚い雲が立ちこめて時折遠くの方で雷の低周波が聞こえて参ります。ゲリラ豪雨って感じじゃなく普通に夏の夕立って雰囲気です。雨雲のお陰か、外気温が結構下がり窓を開ければ涼しい風が入ってくるのですが雨のお陰で窓が開けられず非常に暑苦しい我が家のスタジオです。しかし折角1時間ちょっと前まで陽が出ていて太陽光パネル君が頑張って発電していたので僕も頑張ってエアコンを使用しない方向で行こうと思います。

まぁ、そんなこんなでライブ告知を少々・・・

8月28日、横浜No Borderにて一平君の友達によるセッション『ムナカタキング』でベースを弾きます。こちらはJAZZ FUNK系のセッションなので普段弾かない様なタイプのベースを沢山弾く事になりますwww曲も覚えておりませんがその場の空気を読みつつ楽しんでプレイして来ようと思っております。

その次は9月4日、同じく横浜No Borderにてヤドカリ豪君のサポートでベースを弾いて参ります。こちらもどの曲をやるのか?まるで分かりませんが楽しくプレイして来ようと思っております。

そして先日、8月22日に東神奈川High Pitchにて収録したSSTSセッション風景第1弾がyoutubeにUPされました。曲名は仮タイトル「No.8」です。



演奏は、いい加減にやっている様で結構大変ですwwwでもこのメンバーでやるセッションは結構好きです。
このセッションの次回ライブは9月7日です♪何気に楽しみです。

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

SSTS Live告知

明後日、8月23日火曜日は今月2回目のSSTSのセッションライブが有ります。
場所は前回同様東神奈川High Pitchにて20時より2ステージ。
メンバーも今まで通り、
YakitoriThor (Bass)
DaemonDrive (Prog)
Yuzurun (Key)
Moto-G (Guitar)
の4人でお送りする予定です。

個人的なこのセッションにおける前回までのテーマは
第1回目が【Big Bang的暴走】
第2回目が【予定調和的安定】  となりましたwww
果たして次回明後日のライブではどんな結果に!!!?
それは来てみて聴いてみてのお楽しみです(もし楽しんで頂けたなら・・・爆)

今まであまり触れて来なかったのでこのセッション概要についての説明。
楽曲は各曲毎にAメロ、Bメロ、Cメロ、Break部分に別れてパーツ毎にDaemon Drive氏(以降DD氏と記載)のシーケンサーに収められていて、簡単なコード譜が各ミュージシャンに渡されております。
DD氏のテーブルにはA,B,Cと書かれたサイコロ状のコンダクター装置wが置かれ、ミュージシャンはその指示に従って譜面を読みインプロビゼーションを進めて行きます。Break時にはサイコロの無地の部分によって指示されます。
盛り上がるタイミング等で見落としたり先読みし過ぎたり敢えて暴走したりしつつ壊れそうで壊れない微妙なバランスで、その場で楽曲が出来上がって行く形態です。
目的として、先ず第一は当然ながらインプロを楽しむ事。第二に通常のセッションの様に楽器の演奏だけを楽しむ物ではなく楽曲自体を演奏側もリスナー側も楽しめる事。第三に飽和したギリギリのカオス状態の音場を楽しむ事。第四に酒を飲む事及び避暑又は寒くなってからの越冬w。第五にそんなライブな音楽形態をもっと普及する事。

将来的にはこの4人のアドリブ音楽で何か出来たらとも考えております。

そんな訳で明日はそのインプロビゼーションを収録するという暴挙を
お店が定休日だという事を良い事にやってこようかと思っております。

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

SSTS Border

Daemon Drive氏とのユニット『SSTS』の第1弾PV。
「Border」って曲です。



ギターにはshannの武士くんが参加してます。


このユニットは今後日本を含め世界中のミュージシャンとのネット上でのコラボレートを目的に始まりました。
まだ始まったばかりなのですがこれからが非常に楽しみです。

テーマ:YouTube動画 - ジャンル:音楽

昔話

人生で一番最初にコンサートを自分の意志で見に行ったのは確かBowWowの日比谷野音で行われたライブを見た中学1年の時だったか。初めて自分の楽器を購入する少し前の事だった気がする。演奏内容は正直あまり覚えてないが、野音近くに止めてあったド派手なツアー用のトレーラーにワクワクして会場に入ったが何故かガッカリした気持ちで帰ってきた事を記憶している。何にガッカリしたのかも覚えていないが・・・。

その後、以前は好きで聴いていたレインボーやキッス等の音楽への興味が段々と薄れてきてロック系ではプログレ一色の音楽傾向になっていった。

その頃、四人囃子を脱退したギタリストの森園勝敏氏が加入したプリズムというバンドをFMラジオで聴いて一瞬でハマった。当時まだ日本では馴染みの無いジャズロック的な音の要素にかなり興奮した。世間にクロスオーバー(その後のフュージョン)というジャンルが微妙に認知されていない頃だった。それと時期を同じくしてラジオでは海外のクロスオーバーミュージックを取り上げる番組がいくつか現れ毎週そんな番組を聴くのが日常になった。ラジオを聴く度に驚きと感動で胸が一杯になった事を覚えている。お小遣いがあまりない貧乏な少年時代の僕はモノラルラジオの前でチックコリアやハービーハンコックやウェザーリポートやマイクマイニエリやラリーコリエル等と共演する夢を描いていた。

そして人生2回目に見に行ったコンサートは、当時まだ田園調布駅前にあった田園コロシアムで行われていたジャズフェス「ライブアンダーザスカイ’79」で来日したチックコリアグループ。メンバーはチックコリア、アルディメオラ、バニーブルネル、トニーウィリアムス。直前まで降っていた雨が奇跡的に上がり涼しい夜風の中で人生で一番最高に興奮するライブだった。コリアとディメオラはリターントゥーフォーエバーで知っていてトニーはマイルスやVSOPの演奏で知っていたがバニーブルネルというベーシストは当時日本ではほぼ知られていないミュージシャンだった。僕はそこにもかなり興味を抱いて見ていた。が、トニーのデカ音超絶ドラムに消されてしまうバニーブルネルの繊細なベースプレイに子供ながらに「このリズム隊は有り得ないなぁ」と思ったのを覚えている。お陰でバニーブルネルはその後結構好きになりナケナシのお小遣いでアルバムも買った。翌年のライブアンダーザスカイ’80も最終日のJAM'80だけにバニーブルネルが出演していたので見に行ったが壮絶な出演者があまりに多過ぎて逆に大した感動もなく帰った記憶がある。

その後ライブアンダーザスカイは騒音問題で開催場所が変わり行く事は無かったが、この79年田園調布でのコンサートは恐らくこれからも僕の中で人生で最も素晴らしいコンサートの位置から動く事は無いと思う。音楽や体験等への善し悪しの感覚はその行為自体だけじゃなくその人のその時の思い出が形作っている物なのです。

テーマ:音楽的ひとりごと - ジャンル:音楽

WHISTLE

どうせなのでもう1曲も上げておきます。



こちらはもっと以前にmy spaceに上げた曲です。
詞の内容は某業界への批判?(笑)って感じ。
何なのか?すら解らない程にオブラートで包んでみました。

ちなみにguitarはシュワッチこと柴岡秀樹くん、
それ以外は全て焼き鳥さんですwww

テーマ:YouTube動画 - ジャンル:音楽

Carnival

先日youtubeにUPした曲です。
震災の事、原発事故の事、様々な事を考えていて
ヘタクソながら歌わずにいられなかったので作りました。

Carnival



詳細に歌詞も載せてみました。
ご興味がお有りでしたら聴いてみて下さい。

テーマ:YouTube動画 - ジャンル:音楽

プロフィール

YakitoriThor

Author:YakitoriThor
肩書き:
Bassist, Composer, Arranger

日々、革新や独自性を求めて音の世界を彷徨っております。
その制作スタイルのベクトルは非常に内向きだと自負しております。
『自分にとって面白い物=人に伝えるべき物』を旗印に活動しております。

どうぞお見知り置きの程を宜しくお願い申し上げます。

HP: Yakitori Thor's Web

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。