【Electric Roast Fowl】
ベーシスト 『YAKITORI THOR』 の冥府魔道日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道で気ままな1人旅をしてみた(8月30日編)

青森でフェリーに搭乗する直前までの日記をリアルタイムで書いてましたが
その後は風まかせな怒濤の日々で更新できませんでした。

折角写真も撮ってきたので、ここいらでちょっとづつUPしていこう。

200808301106000.jpg

搭乗したフェリーは東日本フェリー青森港13:30発室蘭行き「びなす号」。
フェリーターミナルから眺めていた時より近くで見た方が大きく見えた。
後日、北海道の友人から東日本フェリーが青森からの航路を撤退するという
情報を頂いて寂しいと思う反面今回搭乗出来て良かったと思った。
乗船は車の入船口と同じ場所から船内に入る感じで
もう既に沢山の大型トラックや乗用車が船内に並んでいた。
その横に小さな乗客用の出入り口が有り、そこからエスカレーターで客室へ。
これから約7時間の船の旅が始まる。
安さが一番の俺は当然2等客室を選んだので大部屋のみ。
びなす号には3部屋の2等客室が有り、
展望室とカウンター横の向かい合わせの2部屋。
僕は下の階の客室に荷物を置いてカーペット敷きの床に寝そべった。
枕だけはサービスで用意されていたので
棚からそれを持ってきて横になると
高速バスで狭いシートで眠ってきた事もあり1時間ほど熟睡。

14時半くらいに目が覚めたので船内を散策。
200808301444000.jpg
レストランを見つけたので早速ビールとおつまみを注文♪
烏賊焼きとフライドポテトにアサヒビール♪
船内のレストランは食券制でした。
15時で一度閉めて次は17時からの営業だったので
ビール3本と、このおつまみにて僕も一度撤収。

デッキに出てみると海風が気持ち良い。
2等船室は船の後方に有る為デッキからは遠ざかる本州方面の
水平線が曇り空にぼやけて見える。
200808301601000.jpg
フェリーはエンジンをフル回転させて巨大な船体を前へと走らせてる。
静かに揺れる船体の下では目紛しい水流が後ろへと掻出されている。
きっと僕等も時間と空間と情報っていう海の上を
こうやって進んでいるんじゃないか?と、ふと考えた。

そしてまた客室に戻ってもう少し眠る事にした。

ぼんやりと目が覚めると部屋の壁が赤紫色に染まっていた。
小さな客室の窓から外を見ると空が夕焼けに赤く染まっていた。
正直かなり感動した。
200808301819000.jpg

200808301820000.jpg

200808301821000.jpg

200808301822000.jpg

200808301826000.jpg

こんな偶然ってものがきっと旅をする意味なんじゃないかな。
この時この場所に居る事が出来た事を僕の運命に感謝します。

そしてレストランで夕食をとる事にした。
200808301515000.jpg
鶏の竜田揚げ定食と・・・ビール(笑)

初日から楽しくも素晴らしい思い出が出来ました。

その後間も無くしてフェリーは室蘭港に着船。
200808301929000.jpg

フェリーを下船するとフェリー埠頭の対岸で何やらお祭りが・・・
そう、今回の目的の一つ「第2回やきとリンピックin室蘭」の会場です。
今回は室蘭のイベント「スワンフェスタ」と合同開催との事。
200808302004000.jpg

200808302025000.jpg
和太鼓や花火で賑わう会場で主催の「たまちゃん」さんと再会を祝う。
そしてその日の宿まで紹介してもらって
長いようで短い8月30日は終わりを告げた。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:音楽

プロフィール

YakitoriThor

Author:YakitoriThor
肩書き:
Bassist, Composer, Arranger

日々、革新や独自性を求めて音の世界を彷徨っております。
その制作スタイルのベクトルは非常に内向きだと自負しております。
『自分にとって面白い物=人に伝えるべき物』を旗印に活動しております。

どうぞお見知り置きの程を宜しくお願い申し上げます。

HP: Yakitori Thor's Web

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。