【Electric Roast Fowl】
ベーシスト 『YAKITORI THOR』 の冥府魔道日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レコーディングその3

2日前、2回目のベース録りをやってきました。
今回も2曲分の音をProToolsに入れてきた。

レコーディングの度に思うんだけど、単純なフレーズこそ最も難易度が高い気がする。
音符にしてしまえばただの8分音符とか16分音符であるだけのフレーズも
実際に演奏して音にした時点では、そこに様々な表情が生まれてきます。
譜面は言ってみれば物語のあらすじ程度のものであるだけなのです。
数百分の一秒の違いがそのフレーズを活かしたり殺したりします。
一音一音の強弱や鳴り方の違い、音色やタイム感の違い、グルーブしているか?
等々、細かい部分に始まり、曲全体の流れの統一感を出すまで拘る必要がある。
速いパッセ-ジや印象的なフレーズは、それ自体が特有の雰囲気を持っているので
一度反芻すれば上手くはめ込む事が出来る状況が多い。
しかし単純なフレーズやルート8分弾き等は、そのパーツが比較的多用される事もあり
その時の演奏の表情がその曲のその場所に相応しい形で表現されていて
最良の強弱と鳴り方と音色でタイム感とグルーブ感を出せていないと
折角の曲の雰囲気を壊してしまう危険性が有ると思う。
細部に渡って気の行き届いた演奏をする事は難しくて集中力のいる作業です。
単なるピッキングノイズの一つ一つにもグルーブ感を出す為の重要性があります。
レコーディングは、そんな自分の普段の思いを具体化する場所ですね。
そして何よりも修行の場なのかもしれません。

毎回そんなマニアックな部分にも拘ってレコーディングしています。
まぁ、千差万別十人十色で10人のベーシストが居たら10人分の解釈がある訳ですし
人は日々成長をしているので、その拘りに終着点はありません。
今回のレコーディングにおける僕の拘りも早く皆さんに聴いて欲しいと思っています。
それが聴いてくれた人に少しでも伝わって、その人の喜びに変わるなら
僕の心の中にはそれ以上の嬉しさは存在しません。

細かい事を書きましたが一番大事なのはきっとその伝えたい心です。
友人のベーシストと話をして共感した事を言うと
『各メンバーを感じて、聴いてくれている人を感じて、演奏出来る事』が
ベーシストにとっては一番重要な部分だと思うし、最も幸せな事です。

と、そんな感じで次曲に進みたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ:バンド活動♪ - ジャンル:音楽

吉祥寺

昨日は吉祥寺で、去年からやっているプログレバンドでライブをしてきた。
場所は先月のEMBのライブでもお世話になったsilver elephantさん。

対バンは
☆Igzit-nine
   g.井上のぼる key.初坂恵美 dr.松田"GORI"広士
   key.青木美佐子 b.大嶺泰史

大阪から遠征してきたバンドさんです。
アレンジの緻密さと難解さにヤラレマシタ。
それを具現化するテクニックにもヤラレマシタ。

☆梵天 
   g. Charlie Tanaka / ba.中田真一郎 / dr.スズキカオル

インプロ系のバンドでこんなに素敵なバンドは初めてかも。
まさにバンド!!って気がしました。
John Abercrombie辺りを彷彿させるギターのチャーリーさん
ウッベの香りが漂うクールなベースプレーの中田さん
Jack DeJohnetteかElvin Jonesみたいなスズキさん

皆さん人柄も良くて楽しい一日となりました。
しかし、こういう良いミュージシャンに出会うと練習しないとダメだなぁ、と
本当にシミジミ感じてしまいます・・・

そして今回も画像は撮り忘れてしまい文字のみのBLOGです(^^;)
あしからず。

そうそう、行く途中の電車の中で不思議なおじさんを見ました。
年の頃は多分50代後半くらいでしょうか?
白いヘルメットをかぶり、その前側に日の丸、後側に日本軍と書かれていて
口髭に銀縁メガネで荒れた肌の顔
頭のテッペンに水色のビニール製のゴミがセロテープでとめられていました。
クリーム色のYシャツにエンジのネクタイをして
その上にJリーグのサポーターが着ている青いシャツを重ね着していて
膝上くらいの半ズボンに膝下までの青いハイソックスにスニーカー
・・・何かの罰ゲームだったのでしょうか?(笑)
春ですね。

あ、それから驚いた事が一つ。
このプログレバンドのドラマー君がX JAPANのコンサートのチケットを多めに買って
余った最前列の席のペアチケットをオークションに出したら
2枚で40万円近くまで跳ね上がったらしいです!!!
彼はライブ終了後、興奮を隠せない様子でネットカフェに待機しに行きました(笑)
まだ人気があるんですね~!!!

そして地元に帰ってきて少し小腹がすいたので駅近くの中華BARへ。
常連さんを交えて雑談をしながら生ビールとバンバンジーと牛スジの中華風トマト煮込みで
この日をフィニッシュしました。

テーマ:日記 - ジャンル:音楽

レコーディングその2

今日はレコーディング、ベース録りの初日でした。
エレキさん宅にて4時間半ほど弾いてきました。
一先ず今日は2曲分の音を入れて終了。

写真を撮り忘れたので画像は無しですm(__)m

この前のBLOGに書いた新しいベースを初めて使いましたが
太い良い音が録れたんじゃないか?と思ってます。
今回はPick Upの設定をハムバッキングにして
ほんの少しプリアンプのbassをブーストしてみました。
フロント・リアのバランスはセンターに設定。

エレキさんと打ち合わせながらレコーディング用に
フレーズを決めつつアイデアを出しつつ作業していると
あっという間に時間が過ぎて行きました。

終わってから夕飯を食べに行く事になり
エレキさん宅の近所で昔入った事のある美味しい蕎麦屋へ行ったら
その店はどうやら廃業してしまったらしく
シャッターが下ろされていて人の気配がまるで無い状態・・・
小さくて汚いお店でしたがとても美味しい手打ち蕎麦を出していて
実は大ファンだったお店なので非常に残念・・・

頭の中が蕎麦になっていたのでエレキさんの知っている別の蕎麦屋へ。
もりそばと天丼を食べてきました。
このお店もなかなかの良い蕎麦屋でした!!
蕎麦好きの僕としては今後もまた行きたい店になりました。
あのクォリティでもりそば450円は安い!!
今回は車移動のためアルコールは飲めませんでしたが
次回は蕎麦と天麩羅で一杯やりたい気持ちでイッパイです♪
その為だけの理由で次回は電車で行こうと思ったり・・・してます。

話が逸れてしまいましたが・・・
EMB初レコーディングは順調に進んでますよ!!!!!
頑張ります。

テーマ:バンド活動♪ - ジャンル:音楽

そういえば、それはそうとEMB

何の自己紹介もなく記事を書き始めてしまいましたね・・・

どうも失礼致しました。

ワタクシはベースという楽器を弾いておりますYAKITORI THORこと焼き鳥大王こと
川井遠瑠という者でございまして
この度は、ワタクシの参加するElec Maxico Bandの専用BLOGという事で
こちらFC2 BLOG様をチョイスさせて頂いたという経緯でございます。

皆様、宜しくお願い申し上げます。

Elec Maxico Band(EMB)は

Elec Maxicoこと荒木真樹彦氏    Vo&Gt
Shuwhatchこと柴岡秀樹氏       Gt
Steve Etoことスティーブ衛藤氏 Per
酒井さんことShow CHANNEL氏 Drums
そしてワタクシの5人の総称です。

今年からフルメンバーにて活動を開始しました。
BLOGやHPのあるメンバーの詳細等は
リンクより各メンバーのページでご確認下さい♪

ワタクシ個人的なプロフィールを書かせて頂きますと
横浜在住、6弦フレットレスベースを主に使用するベーシストです。
EMBでは、今後BLOGに書かせて頂いた5弦ベースを使用予定。
中学卒業の頃より兄の友人バンドで営業を始めその後数々のセッションに参加。
高校時代に PRIZMというバンドのベーシスト渡辺建氏に師事。
鬼頭径五&THE HAREMのギタリスト小向康一氏、
CKBのギタリスト小野瀬雅夫氏、YAMATOのギタリスト室岡文典氏とのバンドを経て、
現在『あまぞーら』『Illinois Skyline』『Elec Maxico Band』の3バンドにて活動中。
『ヤドカリ』ライブサポート&レコーディングに参加。他多数。
ニューエイジ・アンビエント系レーベル『Far East Peach』の運営に参加。
ベーシストの会『bassment party』会員NO.86。
モットーは、『音楽は真剣な遊びである。そんな音楽が人生である。』です。
遊ぶ事しか考えておりませんwww

好きな食べ物 : 焼き鳥
好きな飲み物 : ビール
好きな動物 : パンダ系

ここの他に
焼き鳥大王の個人サイト 
これは『AMAZORA』専用ページとして大昔に立ち上げました。
携帯サイトなので更新が楽々なので利用しましたが
ちょっとチャッちい感じのサイトです。

そこにリンクしているPODCAST用BLOGが
焼き鳥が鳴く日
未だ、10作品程度しかUPしてません・・・

後はmixiもやっております。
HN:焼き鳥大王

あ、あとマイスペースもやってます。

こんな感じです☆どうぞ宜しくお願いします。
質問・雑談、随時受付中です♪

テーマ:日記 - ジャンル:音楽

新しいベースを買った。

EMBのサウンドを構築する上で必要になって15日の夜、
ちょっと無理して新しい楽器を購入した。

以前から目を付けさせて貰っていた東京は上馬の
ベース専門店JIRAUDのオリジナルモデルで
現在世の中に1本しかないJ-BASS5という5弦ベースです。
JIRAUDは以前から仲良くして頂いている
名ベーシスト福田郁次郎氏のお店です。
福田さんは昔、大橋純子&ミノヤセントラルステーションのベーシストで
その後はさだまさしさんのバンドで活躍して
有名な「関白宣言」のアレンジも担当している
言わば大御所ベーシストで素晴らしい音楽家ですが、
とても気さくな方で、或るご縁で懇意にして頂いております。
現在はオリジナルの楽器製作に力を入れて
素晴らしい楽器を世に送り出しています。
ベースを弾いている人だったら、個人的には
是非1度訪問してみる事をお薦めします。

今回購入したベースは福田さんのオリジナルベースの中でも
最も希少価値の高い一品物で
ボディ材に現在はワシントン条約で輸入禁止になっている
ホンジュラス・マホガニーを約30年前に輸入したものを使用していて
ただでさえ倍音のピックアップが極端に早い材質な上、30年物の材で、
その実力は現在の僕には計り知れません・・・。
正直、僕なんかが弾くには勿体ない様な楽器ではあるのですが、
折角大金を出して購入するのならこのベースと、前から決めておりました。
(写真は友人のBAR NO BORDERにて撮影(笑))

J-BASS1


ボディはオイルフィニッシュで素材の木目をそのままに、
立体的なカッティングで見る角度によって見え方が違います。
ボディの鳴りも素晴らしく、倍音の出方、伝わり方が恐ろしく早いです。
使いこなすのに一体どの位の時間が掛かるか分りませんが
楽器に恥じない様なプレイを心掛けていきます。(決意表明)
ヘッドにはJIRAUDのロゴマークが光っております。

J-BASS1


以下JIRAUDのHPより転記します。
ーーーーーーーーーーーーーーーー
J-Bass5の特長
・デッドポイントが極めて少ない
・3Dデザインにより、形・色が角度で変化
・オールディスクリート回路によるクリアな音色
・スラップモードの驚異的な倍音
・ハンドメードによる確かな組込
・最適なテンション感
・5弦を感じさせない最高の弦バランス
・指板幅を感じさせない独自の握り形状
・超稀少!!30歳近いホンジュラスマホガニー材使用
・ジラウド1店だけの販売による希少性
・シリーズ/パラレルSW付きアルニコ・エナメル線巻きのピックアップ"JHB-05"
・世界初!!ワイドレンジなセミ・シールドと完全シールドの
 ノイズレスをスイッチングで選べる(W-Shield)
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

このPICK UPがまた凄まじい威力で、
流石ハムバッキングという図太い音から繊細なトーンまで
自在な音作りがPICK UP本体に付いているスイッチ一つで可能で
その性能をJIRAUDオリジナルのサーキットが余す事なく発揮してくれます。

兎に角、言い出したらキリがない程の高性能なベースなのです。

これでEMBのベースの音作りは僕としては完璧な逸品です。
問題は自分の腕!楽器に負けない様に頑張りたいと思います。(負けそう・・・)
今後のレコーディング及びライブに活かして行く為、精進します。



テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

レコーディングその1

先日、とある某スタジオにてEMBのレコーディングが始まった。
初日は『酒井さん』のドラムレコーディング。

僕は酒井さんの車に便乗してスタジオへの道案内。
エレキさんは別行動で直接スタジオへ。

天気は快晴で気持ち良く、或る意味レコーディング日和じゃないかもね(笑)
でもドラム機材の搬入・搬出はやりやすかったからラッキー。

今回からお世話になるスタジオはとても居心地が良い。
兎に角、内装がとてもGOODです。

まずは入り口はこんな感じ。

スタジオ入り口


一歩中に入るとこんな空間。
スタジオ1


ここがロビーフロアになります。

その先の扉を入るとコンソールルームになっていて
良い感じのアメリカ先住民柄の壁の装飾が素敵です。
スタジオ2


間接照明で少しリラックスした気持ちになれるのがとても良い。
こんな所にもミュージシャンへの心配りが感じられる。
スタジオ7


そして今回の主役の『酒井さん』の勇姿です。
スタジオ6

写真もはみ出す勢いです♪

その後シュワッチも合流してレコーディング初日の夜は更けていくのであった。

まだまだレコーディングは始まったばかり!!!
頑張りましょう☆☆☆

初BLOG

ようやく設立です。
ひとまず一言!これからちょくちょく更新します。


プロフィール

YakitoriThor

Author:YakitoriThor
肩書き:
Bassist, Composer, Arranger

日々、革新や独自性を求めて音の世界を彷徨っております。
その制作スタイルのベクトルは非常に内向きだと自負しております。
『自分にとって面白い物=人に伝えるべき物』を旗印に活動しております。

どうぞお見知り置きの程を宜しくお願い申し上げます。

HP: Yakitori Thor's Web

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。